RESERVATION
Blog Details ブログ詳細

メラニン色素によるカラーの色の出方【西大寺美容室】

皆さんこんにちは!

いつも当店のブログをご覧頂きありがとうございます!

まだまだ暑い日が続きますね!!

海、お祭り、旅行などイベントも終盤になってきました♪

ここ最近カラーリングも“夏っぽい色、褪色しにくい色に”というご要望が多く感じます。

そこで今日はカラーリングの豆知識、特にメラニン色素についてご説明させていただきます!!

毛髪に色があるのは、毛髪がメラニン色素を含むからです。

 

このメラニンは、毛髪を成分する毛母細胞とは関係なくメラノサイトというメラニン生成細胞が分泌したメラニンが毛髪に混じっているからです。

白髪は一口にいえば、なんらかの理由でメラニンが生成されない場合に生えてくる色なしの毛というわけです。

色なしならば透明であるはずですが、光の反射のせいで白く見えるわけです。

メラニンには黒褐色の真メラニンと、黄赤っぽい色の亜メラニンの2種類があります。

人種によってさまざまな髪色が存在するのは、この2種のメラニンの量とバランスによるものと考えられています。

欧米人のブロンドヘアの場合はもともとのメラニン量も少ないし、真メラニンと亜メラニンのバランスも亜メラニンのほうが多いわけです。

日本人をはじめとする東洋系の人種は、いわゆる黒髪ですが、こらは真メラニンが多いと考えられます。

白髪もやや黄ばんでいることが多いようですが、これもまったくメラニンがないのではなく、亜メラニンが多少あるからといわれています。

実際、白髪をブリーチすると見事な銀髪になります。

この知識をふまえ、当店ではカラーリングの選定をさせていただきます。
赤、黄色になりやすい方でも抜け感のあるアッシュやグレージュ系のお色にすることが可能です^^

本来肌や毛に存在するメラニンの役割は、紫外線から身体を守ることと考えられます。

紫外線は、生体細胞を崩壊する力があり、黒色が一番紫外線をカットする作用があります。

紫外線の弱い地域で発生した民族は、肌や髪の色が薄く(白人)、紫外線から身を守る必要が高いほど、髪や肌の色が濃くなったのではと考えられます。

紫外線が原因で発症する皮膚癌の発症率は、白色人種のほうが圧倒的に高いという事実をみても、メラニンが紫外線対策物質であることがわかります。

髪の知識についてわからないことがありましたら何でもご質問くださいませ!!
お客様お一人お一人の髪質を診断し、お悩み解消につながるようアドバイスさせていただきます^^
皆様のご予約ご来店心よりお待ちしております。

Other Group Salon

  • LOUVRETotal Beauty Salon

    ハイキャリアスタッフ多数在籍。脱日常的な上質空間で大人女性のキレイを創り出す!利便性・確かな技術・癒し対応が揃ったゴールドサロン☆

  • petit reineBeauty Esthetic Salon

    国家資格者在籍!本気で結果と速さとリラクゼーションにこだわった最新脱毛専門エステサロン♪

  • marynail & eyelash

    認定講師や1級取得ネイリスト&アイリスト多数在籍。可愛い雑貨に囲まれて『なりたい』を叶える癒しのサロン♪

  • ailebeauty academy

    認定講師多数在籍。世界に通用する高い技術力で多数の某有名サロンへのコンサルティングも多数オファー有りのアイリスト養成スクール☆

  • ReRePerfitness gym&relax

    お客様に”安心と健康な毎日”を届ける身体づくりができるようさまざまな嬉しい設備をご用意し、24時間営業で、好きな時に好きなだけ、いつでも気軽に自分のペースでトレーニングができるフィットネスジム。

copyright by aile Total Beauty Salon All rights reserved.